忍者ブログ
武蔵野独り暮らし、日々雑感。
[51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 というわけで、諸般の事情でとりあえず桜が咲くまではtwitterを封印しようと決意したはいいけど感情のまにまにの言の葉の放出先・発露に困ったらしく長らく放置してたブログを再開したようするに基本おしゃべり好きな伊作(kawasemi)です(笑)。こなさん、みんばんは。
(ま、つまるとこ「口さみしい」ちゅうやつですな。「ふっ、さみしがり屋め」by 次元大介@ルパン三世第5話『十三代五ヱ門登場』)

 いやー、NHK連続テレビ小説『カーネーション』、相変わらず凄いですねえ。

 巷では戦中戦後等々の感動的な云々から脱却して色恋沙汰展開に云々する意見もあるようですが、いや俺にとってはますます渡辺あや脚本をはじめとする映像作品としての凄さ・素晴しさに感嘆してる次第。

 今回でいえば、まぁ〜あ、どっちかちゅうと“男前ぶり”で押してきたヒロインにこのタイミングで“初の自発的洋装”をさせ、紅(リップ)まで指させるという展開に、全俺が濡れたわけすよ(笑)
 これぞ乙女心ちゅうもんやろうなあ、と。

 ヒロインの糸子(≒モデルとなった小篠綾子さんの史実)は極端な例にせよ、まあ俺なんかやっぱ、
 恋はいいな♡
 とか、思うちょるわけです。

 こと結婚とか家庭生活については俺も色々あった野郎なんですけど、ま、少なくとも子育てということについては六割五分ぐらいは成功したなと考えてるんですね。
 が、まあそれでも気づいてみりゃ“武蔵野独歩”なわけでまあそれはそれでいいんですが(とほほ)、ようするにここで言いたいのは、
「恋の帰結が愛であり、そこからはそれを守ることが大事」
 と“若き俺”がみずから規定していたものではなく、やっぱ、
 いくつになっても恋してもいいじゃん!
 かなと。

 もちろん「恋」というのは危険なもので“築き上げてきたもの”を一瞬にして崩壊させるものだったりするのだけど(←おや?w)、まあ何より肝心なのは、
 何が正しいのか

 ちゅうことなんだろうな、と。
(まあ別に「正しきを進むべき」なんちゅうのは当たり前でこんなくだくだ綴るもんでもないんだけど、ま、人生重ねると色々面倒なんやw)

 さて閑話休題(閑話、長っ!!w)

『カーネーション』が見事だなと思うのは、戦争未亡人といういわば不慮のスタンスとはいえ、きょう放送分までの
 ロマンチツク♡いやぁ〜んの描きかたが素晴しい!!
 ちゅうこった。
(今回はマジ勃起した)

 糸子が自身のガリガリとした男前生産性(少なくとも女手ひとつで三姉妹やら母親とか社中の人々の生活を担ってる)の向こうに——そして色んな葛藤を経て「恋」を得たのが、
 中年としていいんだよマジ!!www

 こういう作品を紡ぎたいものだ。

拍手[0回]

PR

コメント
お気に入り登録しました♪
カーネーション中毒がTL中毒に繋がってるとおもふこの頃・・・私もブログでまとめてつぶやこうかな!?
「武蔵野独歩」お気に入り登録しましたので、これからも宜しくお願いします♪
【2012/01/23 09:47】 NAME[活弁女郎(メロウ)] WEBLINK[URL] EDIT[]
さっそくありがとうごさいます
>活弁女郎さん

 さっそくのご訪問、ならびにコメントありがとうございます。
 当面こちらがメインとなると思いますので、またぜひお立ち寄りくださいね(^^)

 今後ともよろしくお願いいたします。
【2012/01/23 23:02】 NAME[伊作翡翠] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[08/09 るんるん]
[08/08 るんるん]
[03/21 ブルース]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
最新TB
プロフィール
HN:
植木四十六(国木田独居)
性別:
非公開
自己紹介:
Twitterにもいます。もう夢中です(笑)
https://twitter.com/kawasemi
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター