忍者ブログ
武蔵野独り暮らし、日々雑感。
[48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前エントリの続き——

 思い起こせば我が社中それぞれの短い外勤めの休みを塗ってのA SHORT V・A・C・A・T・I・O・Nから、もう二週間になる。
 時の経つのは早いな。

 日記的なエントリはやはりホットなうちがハナなのであり、このシリーズもこれで完結しようと思うのだが、以下だけはきちんと記しておきたいと思う。

 今回の西伊豆旅行が、ぼくの少年時代の夏休みの思い出をきっかけにしたものであることは、これまでに何度か紹介したとおり。
 がしかし旅の本懐は兎にも角にも戸田に泊まり美味いものを鱈腹喰らうことだった。まあ、とりあえず西伊豆の雰囲気だけ思い出せればいいと。
 で、まあそれは、ドライブの景観や静かな海水浴場や部屋や露天風呂からの眺め、そして海の幸においておおむね満足されたものだった。
 ああ、やっぱりいいなあと。

 が、さらにしかし。
 人間ひとつ突破口があるとさらなる欲が沸き起こるもので、こうなるとさらに車で30分強という、ぼくがまさに少年時代の夏休みを過ごした「土肥《とい》」を一目見たいというハナシになった。
 そこで社中の同行者に無理をいい、二日目の昼から、西伊豆の海岸線をさらに南下することになったのである。

 逆にいえば、それこそがまさに、ぼくにとっての『岬めぐり』の本当の情景だった。

 で、ハナシは少し——毎度お馴染の感じで(笑)——くどくなる。

 実はぼくは、ちょっとしたスキンダイバーだ。いわゆる「素潜り」の達人。
 これを本格的に我がものとしたのは後年の伊豆大島なのだが、そのきっかけとなったのが、土肥の中心地から少し離れた「小土肥《おどい》」という地だ。

 少年時代の土肥逗留一週間〜十日ほどのほとんどの日日の海遊びは、絵に描いたような、海の家などがある遠浅砂浜の土肥の海水浴場が舞台だったのだが、なぜか毎年一二日は、その小土肥に足を運んだ。
 そこはいわゆる海水浴場でも何でもない「磯」であり、同行していた0歳児もぱしゃぱしゃできるような波穏やかな入り江があったにせよ、場所によってはほんの5mも沖に出ると、水深10mを超える——しかし海水浴場ではけっして見られないような透明な海がある場所だった。

 ここでぼくは小学校四年生の時に、ゴーグル(水中眼鏡)とシュノーケルとそしてフィン(足ひれ)をつけ、「潜る」ということを覚えたのだった。

 そしてまさに今年、ぼくはその、ぼくのスキンダイビングの原点、「少年の海洋冒険浪漫」の処女舞台に、再び立つことが出来た。

 37年ぶりにもなる遠い記憶をアドリブ的にたどるもの。名も知られぬ小さな磯など、iPhoneのGPSでも表示されるわけもない。
 しかし、ぼくはめぐり立った。

 当時は無かった「旅人岬」という景勝のためのパーキングエリア。そのすぐ横に、見知った風景があった。


いまやもっともらしい碑などもある小土肥の磯
当時は何も無かった記憶があるが、まあそれはそれでいいと思う

 mixiやらTwitterやらの魅力のひとつに、脳みその中に手を突っ込まれてぐりぐりされ、「こういうのがあっただろ!」と、懐かしのテレビまんがや歌謡曲などの忘れていたものを突きつけられるいうのがあったりするわけだが、此度《こたび》まさにそれ以上のものがあった。


人の侵入を拒絶するような急階段の下に広がる紺碧の海
当時は手すりさえ無かったが、その厳しさの先に麗しいものがあるということもまた、同時に学んだに思う


 おとなもこどももみんなしてうんしょうんしょと荷物を運んだ急階段、就学前のチビ公たちがぱしゃぱしゃやっていた入り江、河童だったぼくとは裏腹に水が大嫌いなNさんチの一歳年下のススムが浮輪を腰に日がな一日飽きることなくウツボの頭をたも網のの先でツツいていたタイドプール、そしてぼくが単身、自分の勇気を試すために泳ぎ、そして海というものが持つ激烈な美しさを知った岩と岩との間の短くも深い海……


写真右の岩から中心の岩までの間に、水深10mを超える深みがあった
小学四年生にとっては無限とも思える“場所”だったが、
これを制覇してこそ『宝島』のジム少年のような「海の男」になれると思ってがんばりました(笑)

 ドライブだけではけっして知り得ないその凄さを、ぼくは知っているという思い出への感謝。ありがたいなあと。


ぼくの二人の娘たちは、いまや親父をはるかに超えてPADIの免許持ちだ
でも潜ることの素晴らしさを娘らに伝えたぼくがいて、その原点がここだと思うと本当に感慨深い


 この4回の連載をしても紹介しきれぬ、語り尽くせぬものがたくさんあった今回の西伊豆行だったが、この小土肥だけ取り上げても、行って良かったと心から思うものだった。

 来年もぜひ、今度はゴーグルとシュノーケルとフィンを携えて訪いたいものだ。

 皆さんもぜひ、西伊豆に一度!! 誇るべき海ですよ(^^)

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/09 るんるん]
[08/08 るんるん]
[03/21 ブルース]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
最新TB
プロフィール
HN:
植木四十六(国木田独居)
性別:
非公開
自己紹介:
Twitterにもいます。もう夢中です(笑)
https://twitter.com/kawasemi
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター