忍者ブログ
武蔵野独り暮らし、日々雑感。
[65] [64] [63] [62] [61] [59] [58] [57] [56] [55] [53]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 過日、夜中にCSで映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』を放送していたのだが、うっかり観はじめたら止まらなくなってしまい、とどのつまり4時間近くの超大作を最後まで観てしまった。
 いやー、翌日の外勤めにさわったこと(笑)
 ところで同作は公開から数年後のTV放送で観ていてたのだが、さすがに四半世紀ほど前のハナシ。記憶も曖昧だったのだが、あらためてこりゃあいい映画だと思い、がぜん監督のセルジオ・レオーネに興味がわいた次第。

 で、色々と調べていたら同監督の『夕陽のガンマン』のアルティメット・エディションDVDに、
クリント・イーストウッド=山田“ルパン”康雄
リー・ヴァン・クリーフ=納谷“銭形”悟朗
ジャン・マリア・ヴォロンテ=小林“次元”清志

 の各先生のテレビ放送における吹替が収録されていることを知り、
「いままで知らなかった俺のバカ馬鹿ばか莫迦!!」
 と自らを罵倒しつつ、同作を含めて「ドル箱三部作」と呼ばれる『荒野の用心棒』と『続・夕陽のガンマン』と共にぽちった次第。

 というわけで昨日届いたので取り急ぎ『荒野の用心棒』と『夕陽のガンマン』を観終わったところなのだが、それこそ何度かテレビ放送で観た前者と違い、後者はまったくの初見。
 いやー、これまで未見だったことを、死ぬほど後悔なう!!
 もうね、俺、往年の洋画好き失格だと思いましたマジで。

 何つうかですね、文芸的主題とやらなんかはこれっぱかしも無いに等しい——ぎりぎり無くはない(笑)——んだけど、登場人物から展開から映像から音楽から、ひと言でいえば、
「無駄にかっちょいい」
 ドライでクールそしてたまーにウエット。伊太利人監督による亜米利加映画というか、ともかくも、多くの映画人がレオーネ監督シンパというのがよぉ〜くわかりました。

 で、それが上記先生がた全盛期の吹替ですよ。1973年。旧作ルパンの翌年だ。
 しかもメインの三人の次なるポジションの人物、ヴォロンテ演じるギャングの親玉の腹心が、何と、大塚“旧作ルパン五ヱ門”周夫先生。
 いやもう、死ぬかと思った。

 本作にはご婦人はほとんど登場しなくてしかも台詞もほとんど無い(笑)のだが、ここで謎の女が絡んでしかもその吹替が二階堂“旧作ルパン不二子”有希子さまだったら完璧であった。
『夕陽のガンマン』の唯一の欠点といえばそこだ(←そこなのか?)

 いやともかくしばらくの間はセルジオ・レオーネ熱が治まらない気配濃厚。
『夕陽のガンマン』と『続・夕陽のガンマン』はもうひとつ同監督の『夕陽のギャング』とセットになった「完声版」なるDVD-BOX(→詳細を紹介しているブログ)も出ているようで、そっちも欲しくなってしまって困ってる次第。

 まあそれにしても「粋でかっちょいい野郎どもの物語」を綴っている最中にこういう作品に出会うとは、これまで未見だったことは悔しいものの、やっぱ作品には「出会うタイミング」ってのがあるもんだなあとあらためて感慨もひとしお。頑張ろう。

 さてこのあと『続・夕陽のガンマン』を観ようかなー。どーしよっかなー(笑)

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[08/09 るんるん]
[08/08 るんるん]
[03/21 ブルース]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
最新TB
プロフィール
HN:
植木四十六(国木田独居)
性別:
非公開
自己紹介:
Twitterにもいます。もう夢中です(笑)
https://twitter.com/kawasemi
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター