忍者ブログ
武蔵野独り暮らし、日々雑感。
[62] [61] [59] [58] [57] [56] [55] [53] [52] [51] [50]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 世間様が週末休みを満喫している中、俺はきょうもあしたも外勤め(泪)
 まあこれが男の生きる道(詞:青島、曲:萩原、歌:植木)なんで見ろよ青い空白い雲(同左)ってことでそれはともかく(?)、きょうは日勤あしたは夜勤ということもあり、解放後に酔狂にもこの寒空をちょっと散歩してみた。

 かつての“基地の街”、立川。

 そんな気になったのは、ちょっとした理由《ワケ》が。
 最近ちょくちょく通うようになった進駐軍時代から一代で続いているバー『潮』にて、マスター“ジミーさん”より戦後の立川の発展史をうかがい、がぜん興味を持ったから。
 詳細はまた別途記したいが、たとえば現在は同じ「立川市」であっても古くからの地主の住む地域と米軍基地によって発展した地域との違いとか、あたかも江戸の発展史にも似たダイナミズムに鼻を膨らましたというハナシ。
(折よく戸井十月『植木等伝 「わかっちゃいるけどやめられない!』を読了、あらためて“基地のバンドマン”に興味を持った矢先というのもあった)

 と、いうわけで今回は主に基地と共にあった地域、「立川市高松町」をブラブラ。

 まずは職場ビルを出て「シネマ通り」ーーいまは存在しないがかつては三軒の映画館があったのが名の由来ーー方面へ。

 多くの地方都市同様に閑散とした感じは否めないが、長く愛されているのであろう昭和の香る呑み屋とか、逆に最近できたと思われる真面目そうな個人経営の店舗も散見され、バランスとしては悪くない。
 少し前のエントリで阿佐ヶ谷なんかの新旧のバランスの良さを褒めそやしたものだが、そういうものがここに来て立川にも齎《モタラ》されはじめた気がする。このまま頑張ってもらいたいものだ。


昭和の香りと立川クオリティ炸裂の野球酒場。
今宵も武蔵野・多摩地域の草野球チームと思しき予約が入っていた。


この蕎麦屋はとても気になる。
武蔵野の蕎麦屋は旨かろう高かろうが多いのだが、
せいろがゴヒャクマンエンというのはたいへんによろしい。
今度ぜひ寄ってみたい。


このスナックなどは基地の時代を知っているような気がする。


 続いて多摩湖方面へと続く「立川通り」に出る。

 よくある地方の幹線道路の風情だが、この高松町辺りの沿線にはまだ所々にモータースケールばかりではなく、街がかつてヒューマンスケールだったことを思わせる店々が残っていて好ましい。


この古書店はいい。
今度じっくり立ち寄ろう。



いまどきガス、電気、水道のすべてを扱う町の個人業者というのも珍しいのではないか。
店舗そのものが1970年代風味の内装というのがまた泣ける。



老舗表具店も健在。いわゆる下町の表具店よりも規模が大きい。


もう少し北の砂川地域のみならず高松町にもけっこうなお屋敷があり、
ホームセンターとは違う需要があるのだろうと推察する。



 踵を返し高松町の立川女子高等学校周辺、かつて基地で働く人々が住まっていたと伝え聞く路地だらけの区域へ。
 すでにとっぷりと日の暮れた中で細かくは確認しづらく、またかなり開発の手が入っていたものの、所々に残滓が確認できた。


ビルの谷間の平屋。いまは住む人もありやなしや。


同じく有料駐車場に囲まれた古い家屋。
表には「PLANNNER」の看板があったところをみると、
かの『東京R不動産』的な活用がされているのかもしれない。
こういうのがとても好きだ。



ビルと小さな個人宅ばかりの中に、唐突に現れる洋館。地元の名士の邸宅の模様。
向かって右にはシャレオツな居酒屋が並ぶところをみるとこの一角は邸宅の主の持ちもので、
こだわりをもって残しているのかもしれない。



 実際に歩いた順序とは紹介が逆になったが、高松町の住宅街を北に抜けると、唐突にいまも残る『新立川航空機』や陸上自衛隊駐屯地そして昭和記念公園といった広大な敷地がばーんと眼前に広がる。
 この辺りが立川ならではの醍醐味で、何かこう変なハナシだが先のジミーさんから聞いたことやクレージーキャッツなどの物語とシンクロして、俺個人は見知らぬ当時の空気とか雰囲気のようなものがどどどどどと自分の中に流れ込んで来るような気分になった。いわゆるDEEP横濱などにも似てまたちょっと違う、一種のファンタジーだと思う。


細い通り一本を隔てて、
或る意味で普通の閑静な住宅街から
《イニシエ》の基地の街に瞬時に変貌するダイナミズム。
ちょっと無い感慨だ。



立川航空機正門前からビジネスビルが林立する立川駅前方面を望む。
右手には荒涼と広がる陸上自衛隊駐屯地。
何とも不思議な感慨に襲われる。




 ……というわけでこのあとは駅北口に戻ってその途上も面白かったのだが、それはまた別途。

 で、最近俺の中で再評価著しい居酒屋『弁慶』に辿り着き、い~いこんころもちの中でiPhoneからこのエントリを綴っているのであった(笑)

 煮込み豆腐とかあなご天ぷらとかニラ玉とかうまーヽ(;▽;)ノ








後ほどMacにて編集予定。
【追記】編集しました。

拍手[2回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[08/09 るんるん]
[08/08 るんるん]
[03/21 ブルース]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
最新TB
プロフィール
HN:
植木四十六(国木田独居)
性別:
非公開
自己紹介:
Twitterにもいます。もう夢中です(笑)
https://twitter.com/kawasemi
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター