忍者ブログ
武蔵野独り暮らし、日々雑感。
[93] [92] [91] [90] [88] [87] [85] [84] [83] [82] [81]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 1970年代後期。
 ジョージ・ルーカスやスティーブン・スピルバーグ等々から始まった“新時代(当時比)”のSF映画ブームがあって、それに乗っかって日本でも『宇宙からのメッセージ』とか『宇宙大怪獣ガメラ』といった作品が作られた。
 それはそれで現代から振り返ると面白いっちゃあ面白いんだが、もういかにもパチもんで、いやー困ったもんだなーと、当時いっぱしの映画マニアだった俺は頭を抱えたもんだ。

 で、いよいよ1970年代も終わらんとしている頃に『未来少年コナン(1978)』とか『機動戦士ガンダム(1979)』といった現代にも続く「世界に通用する日本的SF/アニメの言葉」を得た作品があったわけだが、実はこれらの作品はことマスにおいては1980年代に入ってから高い評価を得るに到ったわけだ。

 細かいことを言いだすとキリが無いのだけれども、NHKドラマの「少年SFシリーズ」とか、萩尾望都とか諸星大二郎とか星野之宣とか大友克洋とか、いわゆる“本格SF”の土壌は1970年代前半——あるいはもっと前——から小説作品のみならず色んな場所で表出されていたにも関わらず、なかなかそれが省みられなかった。
 当時の価値観から言えば、大映画会社で実写映画化されない……かな。

 1970年代半ばにはかの『宇宙戦艦ヤマト』の大ブームもあって編集編が劇場公開され翌年にはオリジナル劇場アニメも作られたのだけど、こと実写のSF作品と言えば先述の作品たちのような、なんかもう“とほほ”なものたちばかりだった。アニメがどんどんクオリティを上げているにも関わらず。
 もちろん当時のハリウッドに匹敵する予算を“実写SF”において捻出できなかったというのもあるだろう。がしかしやはりそこは“受け手”はしっかり観ているもので、「ハリウッドのパチもんSF特撮よりも日本製SFとかアニメ」に指向するのはむべなるかな。

「グローバルに通用するSFかどうかはとりあえずわかんないけど、俺らこれが好きだしぃ」が、あったかな。
 このことが、現代にまで連綿とこの国のサブカルチャに良い意味でも悪い意味でも影響していると思う。

 さて——

 CS「チャンネルNECO」で今宵放送された『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』なる作品をたまさか観た。

 駄目過ぎる。

 もうね、駄目な点はいくらでも出せるがやっぱ最も駄目なのは、
「ハリウッドとかウケてるモノの安っぽいパチもんでしかない」
 ってことだ。
「スター・ウォーズ」「スパイダーマン(2000年代シリーズ)」「ロード・オブ・ザ・リング」の各シリーズ。あるいは『ONE PIECE』のパチもんである「ジャック・スパロー」シリーズとか。

 いやまあそんな目くじら立てず潮吹かずかもしんないんすけど、「ウルトラ」は違うんだよ!!

 なんで「アブラハムの宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)」が到達しえなかった「光の巨人」とか「でかいもんが暴れまくる」いう概念をずっと通奏的に抱えていて大事にしていた俺ら地震と火山と津波の民の心もちが、安っぽい善/悪あるいは光/闇に堕さなきゃいかんのかと。
「フォース」は大好きなんだが、曲解は嫌いだ。

 昨今のウルトラシリーズに限らず21世紀の仮面ライダーシリーズとか、いちいち落とし所が、
「宇宙の大いなる力」
 とかいうのが気にくわない。そもそもウルトラマンとか仮面ライダーとかのきっかけとは別なんだよな。矢追純一かよ(笑)

「人、生きる。」をばかにするな。

『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』の前にこれもまたたまさか放送されてたアニメ『ガンバとカワウソの冒険』を観たのだけど、アニメとしては駄目ながら燃えたよ。
(そもそも小説『冒険者たち ガンパと15匹の仲間』は読めと)

 うん、まあいいや。

 俺、一昨昨日から腸閉塞で死んでるんで、“会話を期待するリプライ(笑)”は止めてな。しんどいんで。

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/09 るんるん]
[08/08 るんるん]
[03/21 ブルース]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
最新TB
プロフィール
HN:
植木四十六(国木田独居)
性別:
非公開
自己紹介:
Twitterにもいます。もう夢中です(笑)
https://twitter.com/kawasemi
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター