忍者ブログ
武蔵野独り暮らし、日々雑感。
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 古《いにしえ》からこの国には「三種の神器」って伝承がある。

 元祖の「八咫鏡」「八尺瓊勾玉」「天叢雲剣」からはじまり、かの『ALWAYS 三丁目の夕日』の頃には「テレビ」「洗濯機」「冷蔵庫」、そして俺のガキの頃にはいわゆる「3C」という「カラーテレビ」「カー」「クーラー」などがそう語られてきたわけだ。

 さて2009年9月現在——
 俺の中での三種の神器は、「iPhone」「Twitter」「Intel Mac」だ。

 もうね、これらをすべて揃えてることが十分条件だが、うちひとつも備えてないとしたら、ちょっと……あーいや、かなり危機感を覚えたほうがいい。
 それほどまでに、これらの「神器」は幸せをもたらしてくれる。

 まずiPhone。
 われらが大和朝廷(笑)では発売当初さんざん馬鹿にされたものだが、いまやたいへんな勢いだ。実際に入手してみれば——よっぽどお脳が弱い人でないかぎり——それまでの携帯電話やスマートフォンにはない数々の魅力に取り憑かれるのは必定で、そのことは昨今、都心部の電車に乗れば1両に数人はユーザを見かけるということなどでも明白だ。

 第二にTwitter。
 まだまだmixiあたりと類似のサービスだと考える向きが多いようだがとんでもない!
 Twitterをして単なる仲良しクラブなサービスと考えるのは大間違いで、使いかた次第で過去のどんなメディア(新聞・ラジオ・テレビなど)をもはるかに超える可能性を持っている。その即時性もさることながら、どうかするとこれまでのウェブ(ブログ含む)、メール、チャット、SNSのすべてを取りまとめる、ポータル(入口)としてのサービスとしてきわめて強力だ。
 まだまだ普及しはじめたばかりのサービスなのでこの先どんな落とし穴が待っているか知らないが、Twitterこそぼくは、21世紀のインターネット・サービスの端緒だと思う。
(ちなみに雑誌『NY Times』の表紙にもなったように、Twitterが爆発的に普及した理由としてiPhoneの登場は大きい。iPhone以外でTwitterなんて、考えただけでぞっとする)

 そしてInter Mac。
 インテル社のCPUを積んだMacintoshという意味だが(余談だが最近Apple社が積極的に「Macintosh」といういいかたをしない点は重要だと思う)、悪いがいまどき「パソコン買うならWindowsでしょ」などと考えてる人は、大阪万博あたりで三波春夫と合唱してりゃあいいと思う。
 ことに最新のMac OS X "Snow Leopard"はちょっと凄すぎて、10月末にリリース予定のWindows 7なんぞも、ちょっと太刀打ちできそうもない。いろいろな理由でまた市場シェアは得るかもしれないが、Intel Macユーザからすれば可哀想でしょうがない。
(ついでにいうといまだにMac OS 9が良かったなどとのたまう化石的Macユーザは、Macを知らない人々以上に死ねばいいと思う)

 それぞれについてはまだまだ細かく語りたいことはたくさんあるが、とりあえず以上。

 みんな、早くこっちにおいで!!

拍手[0回]

PR

コメント
無題
"Snow Leopard"、やっぱりいいんですね!
先日、亭主と「いいみたいよ」「欲しいなぁ」と
話してたんです。あとは天下の回りものと相談か…。
【2009/09/03 07:14】 NAME[silver cat] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[08/09 るんるん]
[08/08 るんるん]
[03/21 ブルース]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
最新TB
プロフィール
HN:
植木四十六(国木田独居)
性別:
非公開
自己紹介:
Twitterにもいます。もう夢中です(笑)
https://twitter.com/kawasemi
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター