忍者ブログ
武蔵野独り暮らし、日々雑感。
[36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 NHK BS2で毎日曜放送中の韓国ドラマ『イ・サン』がめっぽう面白い。

 かの“古今東西史上最高のTVドラマ”であるところの『宮廷女官 チャングムの誓い(大長今)』のイ・ビョンフン監督作品なので面白いのは当然なのだが、きょう(5/2 23:55現在)の回がまたどうにも凄くて、あらためてこのサントラが欲しいと思ったわけだ。

 で、ネットで色々と探したのだが、今回はこのことを巡るハナシ。

 まずこのサントラ、「日本版」として発売されているCDは理不尽に高い。同商品はAmazonでも評価が低く、これを購入するのはちょっとためらわれる。
 楽天では同内容の韓国からの輸入盤の扱いがあってこれは廉価なのだが、送料がちと高い。
 また、まだ時期が経っていないこともあって、TSUTAYA等でのレンタルも無い。

 というわけで「まあ無いだろうな」と思いながらもiTunes Store(iTS)で探してみたわけだ。

 そもそも俺は最近、CDというものをほとんど買わない。だいたい上記iTSで購入するか、TSUTAYAなどで借りてきてiTunesに取り込んで済ませている。
まあ俺の場合ビンボというのもあるのだが(笑)、ウチに来たことがあるかたはおわかりのように、これ以上「モノ」を増やしたくないというのがまずある。いうまでもなくiTunes等のハードディスクに保存する世界であれば、場所ふさぎにはならないからだ。

 さて件のサントラ。
 案の定iTSには無かったのだが、TSUTAYA等でネット配信されていることがわかった。(→TSUTAYA DISCASのリンク
 しかしご存知のかたはごぞんじのように、上記TSUTAYAなど日本の多くの音楽配信サイトで提供されている「著作権保護されたWindows Media形式」の配信というのはクソもいいところで、たとえばPCや携帯を買い替えたから聴けなくなる(あるいは面倒な手続きが必要)といったものだ。
 こんなモンを購入するぐらいならCDを買ったほうがまだマシといったハナシで、なぜ世界的にこういうWMAとかWMDとか呼ばれる配信よりもiTSが圧倒的に支持されているかといえば、著作権はきちんと保護しながらも、ユーザにとってより柔軟な利用・聴きかたが可能だからだ。

 アップルが採用しているDRM(著作権保護機能)である「FairPlay」についてWikipediaから引用すると、
  • パソコンでの再生:5台(コピーは無制限)
  • 全く同じ内容の音楽CD作成:7枚
  • iPodおよび対応携帯電話との同期:無制限
  • 純正iアプリケーションでの利用:可
  • ネットワークによる認証方式。解除、切り換えも可能。
  • 複数アカウントの共存が可能。 
 である。
 まあ簡単にいえば複数のパソコンやiPhone含むiPodでも同時に利用することが出来て、CDを作るのも手軽だというハナシ。
 対して日本で“提供会社”だけはやたらと多い音楽配信は、最初からiTunesを使っている人には想像もつかないようなガチガチのものなのだ。だからLISMOや着うたフルといったケータイしか知らないような人々を——あえていうが——騙すことは出来ても、世界的にはほとんど支持されていない。

 このことは、いわゆる「ネットでの音楽販売」が、まだまだこの日本で主流になっていないことの理由でもある。TSUTAYA等でCDそのものをレンタルしてきてiPodやその他のミュージック・プレイヤ用にリッピング(取り込む)のに比較して、柔軟性が低いからだ。
 逆にいえばiTSのような柔軟なネット販売を採用せずに旧態然としたものにしがみついているこの国の業界は、自分で自分の首を絞めているといえなくもない。

 ところで『イ・サン』のサントラだが、
「日本のiTSでは販売されてないけど、ひょっとしたら韓国にはあるかな?」
 と思って韓国のiTSにアクセスして驚いた。

 韓国のiTSではiPhoneアプリの配信はあるが、「音楽」そのものの配信が無い。のみならず中国、台湾、香港、シンガポール、マカオといった他のアジア諸国も同様だった。
 iTSで音楽配信がされているのは、日本だけなのだ。
 日本のiTSだって、いいかげんヘナチョコなのに……

 後追いで考えると「なるほどそうかも」とも思うのだが、これはちょっと衝撃的だった。少なくともシンガポール辺りではありそうなもんだと思ったのだが。

 他国のネットでの音楽配信事情については詳細を知らないし、「アップル」というもの(理念?)がまだまだアジアでは浸透していないのかもしれない。しかしこれからiPhoneなりiPadなりがアジア諸国も含めて大きくブレイクするはずに違いないこの時に、これは由々しきことだと思う。

 歴史をひも解けば、今世紀の初頭、ネットで不正な音楽等のやりとりが行われるようになったその時に、これを逆転の発想で歯止めをかけたのがiTS(当時はiTunes Music Store)だった。
 別にiTSでなくてもいいが、フェアな音楽や映像そして電子書籍などの配信が行われるようにならないと、不正コピーばかりになってしまう。いまこの時こそ、iTSのようなものが日本を含むアジア諸国で普及しなければならないと考えた次第。

 つうか『イ・サン』のサントラ欲しいなあ。P2Pで落としちゃうおうかしら(←こらっ!)

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[08/09 るんるん]
[08/08 るんるん]
[03/21 ブルース]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
[03/04 活弁女郎(メロウ)]
最新TB
プロフィール
HN:
植木四十六(国木田独居)
性別:
非公開
自己紹介:
Twitterにもいます。もう夢中です(笑)
https://twitter.com/kawasemi
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
カウンター